治療を受ける前に確認しておこう!歯科に掛かる費用
ロゴ

歯科は自由診療に掛かる費用を確認することが大事

治療を受ける前に確認しておこう!歯科に掛かる費用

歯医者

保険適用の治療

勝どきなどで歯科の治療をする際には、どこの医院でも料金は変わりません。理由は、保険が適用するからです。保険が適用する治療の場合は、患者の負担額が0~3割になります。その治療を「保険診療」と言います。保険診療で出来る治療は限られていますが、見た目の美しさを求めなければ、完治まで治療すことが可能です。

全額負担の治療

保険診療以外の治療を受ける際には、患者の全額負担になります。その治療を「自由診療」と言います。自由診療の場合には、医院で価格設定出来るので、医院によって費用が異なります。自由診療の治療の多くは、見た目を美しくする審美の治療です。

自由診療の治療

最近はなるべく削らない虫歯治療が人気を集めています。治療費が全額自己負担の自由診療なので、費用は掛かってしまいますが、麻酔が苦手な人にとてもオススメな治療法です。削る量が少なく、薬で虫歯を溶かすので、痛いのが苦手な人に向いています。しかし費用は一本1万~2万円程掛かってしまいます。

審美の例外治療

審美の治療をする場合には、自由診療になると言いましたが、一つだけ例外があります。それは、前歯の被せ物です。前歯上下12本は保険診療で銀ではなく、白い被せ物をすることができます。しかし、審美の治療で使うものより、安価なものなので、耐久年数が短いのがデメリットです。

虫歯治療の進行度合いランキング

no.1

抜歯をする虫歯

最も思い症状まで虫歯が進行すると、抜歯をしなければなりません。重度の症状の場合は1万~2万円が相場です。また、抜歯をすることで、入れ歯やブリッジなどで歯を埋めなければならなので、更に費用が掛かってしまいます。

no.2

中度の虫歯

中度の虫歯になると、神経近くまで虫歯が達している状態です。中度の症状では3千~1万円ほど費用が掛かり、重度の症状に比べて負担が軽くなります。しかし虫歯を削って詰め物をする必要があり、見た目を綺麗にするなら、実費治療になります。

no.3

初期段階の虫歯

初期の段階だと、まだ痛みがない状態です。なので、歯の表面を削り、白い詰め物をするだけなので、相場は2千~3千円です。治療も一日で終わるので、負担が少なく済みます。

早めに診断

この様に、虫歯を悪化させてしまうと、治療費が高くついてしまいます。また、症状が完治するまで通わなければなりません。症状が悪化するほど、費用も期間も掛かるので、注意しましょう。歯の異変に気づいたら早めに歯科に行きましょう。

広告募集中